忍者ブログ

多忙なママが楽しむ育児日記

イライラしがちな忙しい日々だからこそ楽しむ子供との時間をご紹介

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

被災地にいない子供たちも我慢を

東北地方太平洋沖地震。
被災された方へ心からお見舞いを申し上げるとともに
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

 我が家ではあの地震からテレビゲームを禁止しています。
テレビもニュース情報など以外は見せていません。
ないならないなりに、自分たちで考えてオセロ・カルタ・トランプ・ぬりえなどで十分遊べています。
 暖房器具もなるべく使わないよう、もうあと30分、あと30分と、我慢させています。
寒かったら一枚多く着ておいでと言えば、そのようにします。

小学1年の息子ともうすぐ4歳の娘には、まだ今回の被害の重大さは分かっていないのかもしれません。
でも私は親である前に一人の人間として、今の日本の状態を思えば、我が子かわいさに甘やかしたり、贅沢をさせることは出来ません。
今いつもより少し寒い思いをする気持ちや、遊びたいことを我慢する気持ちは、被害のない私たちにはまったくわかいそうなことではないのです。
一人の人間として、親として、今しなくてはいけいない姿を子供たちに見せていなかければいけないのです。
 

PR

マリオ&クリボーキャラ弁

マリオ&クリボーキャラ弁前 " 6年生を送る会 " のため他学年と一緒にお昼を食べるそうで。給食がなく、お弁当。
「もうキャラ弁は卒業しようかぁっ~?」という私の提案は無視し、今回の息子のリクはマリオ。

 とその前にお弁当の中身をご紹介。
・・・一般的には至って普通のお弁当でも息子にとっては成長した証のお弁当。から揚げとブロッコリーが入っていることがすごい。マリオ&クリボーキャラ弁
息子の注文というところもうれしい限り。食べれないわけではないけど、苦手の物が多いのでお弁当だけは好きな物だけを入れてきたので、喜びも一入。
 量も前回同様たっぷりで、おかずとおにぎりとデザートを3つに分けたお弁当。 
・から揚げ・ミートボール
・肉じゃが ・花形ゆで卵・ウインナー
・いちご・ゼリー・おにぎり2個


マリオキャラ弁<マリオキャラ弁>
ハムの上にスライスチーズを重ねて小ナイフでマリオの顔の輪郭を切る。
ソースを入れて茶色くした薄焼き卵→ひげ・髪の毛
黒目→のり
白目→かまぼこの白い部分
繭→のり
帽子→カニカマ




クリボーキャラ弁
<クリボーキャラ弁>
ハムの上にソースを入れて茶色にした薄焼き卵焼きを重ねてクリボーの輪郭を切る。
体・足の裏→スライスチーズ
目・歯→かまぼこ
黒目・口・繭→のり




ミニーちゃんキャラ弁

ミニーちゃんキャラ弁











2月の幼稚園の月一お弁当。
今回のリクはミニーちゃん。
ギョロ目ミニーの出来上がり(笑;)イマイチの出来でちょっと残念。これはリベンジしなくては・・・。

お弁当の中身>
・ふりかけおにぎり
・作り置き冷凍保存しておいたハンバーグ
・前の日の晩ご飯のおかず、グラタン
・うずらのゆで卵
・ミートボール
・いちご・ゼリー

はじめてのおつかい

はじめてのおつかい こちらも娘のために購入した絵本。
はじめてのおつかい
筒井 頼子さん・林 明子さんコンビの絵本は私が小さい頃からあってとっても懐かしさを感じる絵本です。
渡してから知ったのですが、どうやら幼稚園にも同じ絵本があって、大好きだったみたい。
その絵本がおうちにもあるなんてという感じで、たちまち娘の一番のお気に入り絵本になりました。
主人公のみいちゃんと自分を置き換えて、まるで自分がはじめてのおつかいに行っているようになりきっています。
絵本にしてはちょっと長いお話ですが、ページの内容は全て覚え、だいたいの内容を自分で口に出しながら自分で読むことも出来るようになりました。
ということは、そうです!私も旦那もこの本を何十回読んだことか・・・(汗)。
 ま、それが自分だけの絵本の醍醐味。
もうしばらく付き合ってやろう(笑)

ずっとそばに・・・

ずっとそばに・・・ いもとようこ さんの動物を描く柔らかな絵のタッチが大好きで、娘にはちょっと早いかなっと思いつつも購入したのがこちら「ずっとそばに・・・
 一人ぼっちで生きてきたくまさんが森の子供たちを守るお話。
絵の柔らかさとはちょっと違う悲しいお話ですが、とってもジーンとくる本当に良い絵本。
くまさんの優しさとそれに答える動物たちの感情がとっても感動的です。

 
 そしてこれに反応したのが意外に息子。
娘に読んでいた時、遠くで聞いていた息子が号泣。
近くに寄ってきて、かわいそうだと私に泣きつきました。
もう一度読んであげても、とてもつらい様子で泣きました。
夜だったこともあってその日はそのまま、元気を取り戻すことなく寝ていってしまいました。
 もともと一年生のくせに洋画が好きで、映画を見て泣く姿をたまに見てはいたものの、こんなに他のもので悲しみという感情を表に出したのは初めてでした。私も一緒に泣きました。
つらくて泣いてしまう絵本ですが、息子はとってもこの絵本が大好きです。
小学一年生にちょうど良いお話だったのかもしれません。おすすめです。

St. Valentine's Day 2011

今年のバレンタインで作ったチョコたちはこちら。ちなみに昨年までのはこちら
生チョコとパウンドチョコケーキ娘ももうすぐ4歳。
この日の意味は分かっているようで分かっていないようですが、お兄ちゃんつながりでよく遊んでくれている男の子のお友達にもプレゼント。
一緒に大量に作りました。
 度々出てきますが、簡単というとホットケーキミックスを作ってつくるお菓子。

<ミックスを使ってチョコパウンドケーキ>
♪ 材料 ♪
ホットケーキミックス ・・・ 100g
調整ココア(加糖ココア) ・・・ 50g
牛乳 ・・・ 100cc
板チョコ ・・・ 60g
サラダ油 ・・・ 40cc
砂糖(板チョコもココアも加糖なので今回は入れません。お好みで入れてもok)

♪ レシピ ♪
①ボウルに牛乳と細かく砕いた板チョコを入れてチョコが溶けるまで湯銭にかける。
②①のボウルにサラダ油を入れて泡立て器でなじむまで混ぜる。
③②にホットケーキミックスと加糖ココアを入れて、だまにならないようにしっかり混ぜる。
④クッキングシートを敷いた型に生地を入れて、170度に予熱したオーブンで35~40分焼く。
⑤竹串を刺して生の生地が付かなければ出来上がり。

<生チョコ>
♪ 材料 ♪
ミルクチョコレート ・・・ 120g
バター ・・・ 15g
生クリーム ・・・ 75cc
ココアパウダー ・・・ 適量

♪ レシピ ♪
①チョコレートを細かく刻む。
②生クリームを鍋に入れ、火にかけ、泡が出はじめたら火を止め、バターと①を加え混ぜ合わせる。
③②をオーブンシートを敷いた型に流し込み平らにならし、机の上などで型を水平に数回落として空気を抜く。
④③を冷凍庫で1時間ほど固める。型から取り出し、お好みのサイズに切り分け、ココアパウダーをまぶして出来上がり。
時短テクは、冷蔵庫ではなく冷凍庫で冷やすこと。ココアパウダーで包まれる前の生チョコは手で触るだけで解けてしまって、形作るのがなかなか難しい。なので、冷凍庫で固まらせてからお好みのサイズに切り分けるのがおすすめ。

混ぜることと仕上げは娘メインで作ろうと思ったのですが、まだ3歳・・・早すぎました(汗)。
共に①②の混ぜるのはなんとか出来ましたが、口に運ぶ量の方が多いような。
バナナ片手に口の周りチョコベタベタで、いたずらゴリラのようで・・・(笑)。

パパ、お月さまとって!

パパ、お月さまとって!最近娘に買った絵本。
あのはらぺこあおむし で有名なエリックカールの著書
 「パパ、お月さまとって! 」 。
読み聞かせをしていたことのあるお友達から教えてもらった絵本で、とってもおすすめだというので購入決定。

娘のモニカがお月様と遊びたいと、パパにお願いをすることから始まる、パパと娘のあったかいお話。
とっても素敵なおしゃれなお話に、私もとってもお気に入り。
娘が気に入ったというのは言うまでもなく、一番に「パパ、読んで!」とパパも参加の家族みんなで絵本タイムになりました。
仕掛け絵本
そしてこの絵本、実は仕掛け絵本なんです。
シンプルなんだけど、今まで見たことのなかった仕掛けに驚きです。
予想外の迫力に、家族4人で
「うぉぉぉ~!!」
と思わず声が揃って、大笑いでした。
子供と読みたい今一番おすすめの絵本です。


!! 一緒におすすめ ♪

おすすめサイト


お弁当にもぴったり!小麦を使わない【アレルギー対応冷凍フライ】

天然の木と植物性オイルだけで仕上げられた積み木、食品原料だけで作られた寒天粘土など体に優しいおもちゃがいっぱい

最新コメント

[07/07 sakusaku]
[03/08 シュウ]
[01/25 sakusaku]
[01/17 シュウ]
[09/01 sakusaku]

最新トラックバック

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

おすすめ情報

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

パンパース特集【ベビーザらス】

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- 多忙なママが楽しむ育児日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]